天瀬裕康

五輪・国策・避難者

                
 オリンピック・パラリンピックが間近に迫り、胸をときめかせ待っておられる方も多いことでしょう。
 私はどちらかと言えば、最初から反対のほうでした。特定の政党の政策を支持しているわけではありません。コロナ禍が再び大きな拡がりを見せようとしているのに、という懸念はありました。福島の原発事故からの修復が軌道にのっていないのに、「復興五輪」などと言う掛け声が安易に叫ばれていることへの疑問もありました。
 五輪の聖火リレーが福島県楢葉町のJヴィレッジから出発すると決まった時にも、「また中央の言いなりになり、お先棒を担ぐのか」と不安を感じたものです。「また」とは、かつて「未来の夢のエネルギー」として原発を容認した過去を思い出してのことです。しかし、喜びに湧き上がっているらしい現地の様子を新聞等で読み、あるいは伝え聞くと、それに水を差すような意見を出すのは躊躇してしまいました。
 ところが原発災による避難者の中には、オリンピック開催に反対の人もいます。例えば山口県避難移住者の会の代表は、「原発避難者にとっては遠くの国の話としか思えません」と述べています。そうです、五輪どころではないのです。私も「復興五輪」の言葉の蔭に、支援打ち切りの姿勢が感じられてなりません。
 新型コロナウイルス感染症対策分科会の会長らは「無観客が望ましい」と提言しましたが、首相らは応ぜず「観客上限1万人」を頭に描いたようです。「国民の命と健康」は、どうなるのでしょうか。
 今年5月の世論調査では、中止を求める声が6割もありました。ところが菅首相は、6月11日~13日に英国イングランド南西部のコーンウォールで開かれたG7サミットで、首脳声明への「五輪開催支持」盛り込みに成功し、「全首脳から支持を頂いた」と大威張り。ここにおいて「五輪開催」は動かしがたい「国策」となりました。彼はG7サミットを、国内の反対意見を抑えるのに使ったのです。
 国策と言えば、戦争中の苦い思い出が胸をよぎります。1938年7月15日、軍部の国策により東京オリンピック中止が決定しました。その後、国策により満蒙開拓義勇軍が満洲に送られ悲惨な終戦を迎えましたが、関東軍は彼らを護ってくれません。さらに国策により大東亜戦争に突入し、多くの前途有為な若者が死地に赴かされ、広島と長崎に原爆を落とされてやっと終戦。国策とは悪しきものなのでしょうか。
 私見によれば、1938年のオリンピックは遂行すべきものでした。これに対して2021年のそれは、これまで一生懸命に練習して来た選手の皆さんには申し訳ありませんが、再延期か中止すべきものだったのです。
 首相は1964年の東京五輪に触れ、「子どもや若者にも見せ、希望や勇気を与えたい」と言い、バレーボールの東洋の魔女や柔道のヘーシングの思い出を語っています。しかし今回の東京五輪について何を訊かれても、「国民の命と安全を守るのが私の責務」という言葉で締めくくってきました。或る本は菅首相の特長を、「聞かれたことに答えない」「ビジョンを語らない」と書いています。たしかに具体性を欠き答えになっていません。
 彼にとって大切なのは自分の人気の上昇、秋の自民党総裁選・国会議員の総選挙で大勝することであり、その為に五輪を国策化し、日の丸が上るにつれ自分の人気が上昇することを夢見ているのでしょう。
もっとも、最近における感染状況の悪化から、蔓延防止等重点措置は7月11日の期限後も延長することが有力になってきております。大会関係者の間でも、「大会中に緊急事態宣言が出て無観客に切り替えるぐらいなら、はじめから無観客にした方がいい」との意見もあるそうです。
 7月3日には熱海市伊豆山地区で大規模な土石流が起こり、ここ当分、各地で大きな水害が起こるか分からぬ状況が続いており、新型コロナ感染症に対する予防接種は遅れがちで、地方では混乱が起こっています。こうした状況下、4日に行なわれた東京都議会選挙では、与党は予定数を当選さすことが出来ませんでした。
 最近、東京と関東3県が無観客になり、大阪と関東3県は蔓延防止措置が延長、東京と沖縄は8月22日まで緊急事態宣言が出されるなど、後手後手ながら変更が起こっています。
首相も政府与党も、自分たちのための国威発揚でなく、国民生活の「安心と安全」に全力を挙げ、面子のために金を使うのでなく、いろいろな避難者の苦しい生活を忘れることなく、支援を続けてほしいのです。(2021/7/10)

文学大賞受賞作品 読後感

〈フィクション〉
 文学大賞に大きな反響と多くの称賛がありましたこと、大慶至極に存じます。私も蔭ながら拝読しましたので、受賞されたフィクション三篇を初版の新しい方から順に並べて、若干の感想を述べさせて頂きましょう。
 谷賢一の戯曲『福島三部作』は、2019年11月、(有)而立書房から出版されました。
 第一部「夜に昇る太陽」の舞台は1961年の福島県双葉町、町議会が原発誘致を決定する頃のこと。穂積家当主の一(はじめ)は出稼ぎに出て嫁の豊(とよ、40歳)が家を守り、百姓で原発反対の祖父・正(ただし、65歳)は一の長男孝(たかし、22歳)が東大大学院で核物理を専攻するので衝突します。孝には美弥(19歳)という恋人がいますが、孝は双葉には帰らぬつもり。第二部「メビウスの輪」は1986年の双葉町の家と役場が舞台で、次男忠(ただし)は美弥と結婚しています。忠は反原発を訴えて町会議員に立っては落選を繰り返すので、美弥も息子の久(ひさし、高校2年生)も、忠の政治活動を嫌っていますが、原発の危険性を告げ、東電から引き続き金を出させるため忠が町長に担ぎだされ当選します。第三部「語られたがる言葉たち」は原発事故の起こった2011年12月頃の福島市が主な舞台。53歳になった三男真(まこと)が、いまはテレビユー福島(地域情報番組)報道局長です。ナンバー2の塩崎や個性的な小田真理たち。3・11における双葉町、富岡町、浪江町、飯館村出身の被災者・避難者の分裂と対立。テレビ会社の幹部が悲劇を強調し視聴率を上げようとするのに対し、真は真実のみを報道しようとします。
 作者の母は福島の生まれで、父は原発の技術者という背景のあるこの作品は、第一部・第二部の助走によって、原発事故のイメージが鮮明になっていると思いました。
 古川日出夫の『あるいは修羅の十億年』は、2016年3月、集英社から出版されました。著者は福島県郡山市の生れで、2011年以降は福島に関わる活動を続けているとの由。
 物語の粗筋は、30数編の話をまとめた長篇ということでしょうか。表紙の鯨が目立ちますが、鯨の話でもありますし、熊谷亜沙見のレポートでもあるのです。谷崎宇卵、ウランちゃんは人工心臓を植え込んでいます。左の胸に小型の原子炉を入れ、人間からロボットに成長した、と言うのですが、これはむしろサイボーグでしょう。ウランちゃんといえば十万馬力の鉄腕アトムの妹に、同じ名の女の子がいましたよね。本筋は東京の湾岸地域か鷺ノ宮か、大震災による原発事故の起こった<島>と呼ばれる地域を舞台にして、鯨や馬や茸が存在感を示します。<島>は<森>でもあります。ヤソウ君は森の出身です。原子力発電所は二ヵ所で爆発しました。汚染地区として隔離された島で、除染能力を持つ茸が細菌兵器となり、1億年前の津波で打ち上げられた鯨の記憶など、独特の世界が綴られます。
 広島ミステリクラブの代表は、「これSFよね」と言いました。多分、そうでしょう。この作者の『アラビアの夜の種族』は、日本推理作家協会賞と日本SF大賞を受賞しています。
 多和田葉子著『献灯使』が講談社から刊行されたのは2014年10月ですが、私が読んだのは、2020年4月第8刷の講談社文庫でした。これには表題作の他、原発小説「不死の島」及び「彼岸」並びに一般小説の「韋駄天どこまでも」及び「動物たちのバベル」が収録されていましたが、ここでは「献灯使」だけを取り上げさせて下さい。
 この作品については、会報第20号に載った「誰がために灯す」(桐生典子)が大要を伝えていますし、広島での評判も高く、村上春樹よりもノーベル文学賞に近い、というような噂も耳に入りました。私は最初、「献灯使」が原発小説という名に相応しいかという点に戸惑いましたが、この考え方自体に問題があったようです。
 ご存知のようにこの小説は、災害後の東京西域の仮設住宅に住む100歳を超える義郎老人と、体の不自由な無名という名の曽孫の献灯使として出発してゆく生活を描いたものですが、原発事故に類する言葉は出てきません。作中に出てくる突然変異タンポポや汚染度の高い鮎などは放射線の影響を感じさせますが、これは化学物質による汚染やポストコロナのようなディストピアでも生じうるように思えたのです。これはネットで著者からのメッセージやロバート・キャンベルとの対談を読んだ後も変わりませんが、すぐれた小説であることは論を俟ちません。
 あえて原発とその事故が描かれている密度からすれば、『福島三部作』、『あるいは修羅の十億年』、『献灯使』の順になりますが、文学性のようなものからすれば、この逆になるかもしれません。いずれにせよ適切な選考だったと思います。

〈ノンフィクション〉
 前回のフィクション部門に続き、ノンフィクション3作についての感想を述べさせて頂きます。
 吉田千亜著『孤塁――双葉郡消防士たちの3・11』は岩波書店より2020年1月に発行されました。
 あの大震災と福島第一原発事故のさい、被曝の危険も顧みず働いたのは原発地元の双葉郡消防本部の隊員でした。
 その本部は広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村から成る広域の消防業務を行なってきました。災害初日の3月11日、非番も招集して107名、さっそく怪我人・病人の搬送が始まりますが、原発でも事故の報に接し、大熊町にある原子力災害時の拠点「オフサイトセンター」に連絡員が派遣されます。原発の事故は予想以上に大きいようです。他の消防隊からの緊援隊が近くまで来ているはずですが、双葉郡内に入れないのです。
 こうして彼らは単独で、この修羅場を凌がねばならぬことになります。不眠不休で、孤塁を護らねばなりません。13日には原発構内へ入らねばならぬことになりました。致死的な被曝が起こるかもしれません。14日には3号機が爆発します。あちこちで決死の活動が続くのでした。やがて援軍も入って来ますが……。
 映画化され派手に宣伝された『フクシマ50』に比べると、地味な裏番組のような感じを受けますが、知られることなく忘れられる存在を世に顕すことこそノンフィクションの使命であり、本書がこの対象に選ばれたことは、まさに至適の選択だったと思われます。
 片山夏子著『ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録』は朝日新聞出版、2020年2月発行です。
 イチエフ(1F,福島第一原発)作業員の取材は、東電社員の作業員はともかく、元請けの下の8次にまで及ぶ下請けの作業員となると、容易なことではなかったと思われます。
 強い隠蔽体質の東電としては、内部の事情は隠したいに違いありません。東京本社のポリシーは霧の中に隠すとしても、被曝線量シーベルトの問題があります。100ミリシーベルト(線量等量)を超すと作業不可という規則があるので作業員は隠し、会社は使い捨てにしようとします。こうした問題を著者は、序章は別として9章に分け纏めました。<原発作業員になった理由>、<作業員の被ばく隠し>、<途方もない汚染水>、<安全二の次、死傷事故多発>、<作業員のがん発症と労災>、<東電への支援額、天井しらず>、<イチエフでトヨタ式コストダウン>、<進まぬ作業員の被ばく調査>、<終わらない「福島第一原発事故」>といったところです。この中に計84の証言が含まれ、その夫々に小見出しが見られます。ジャーナリストの青木理は本書の解説において、「小文字を集めたルポルタージュ」と評しています。新聞の大文字で報じられるような大事件でなく、小さな証言が集められたのです。
 福島第一原子力発電所をイチエフと呼んでいたことが世に広まったのは、この本からでしょうか。東電社員はともかく、下請け作業員の酷い待遇が明らかになったのは大きな収穫でしょう。
 いとうせいこう著『福島モノローグ』は、河出書房新社、2021年2月の発行です。
 八篇のショートストーリーとして一気に読んだところ、どうやらノンフィクションだったらしいという傑作です。
 最初のWITH COWS は大熊でも原発からは距離のある牧場、そこの土は1キロ当たり6千ベクレルだが草は少ない。ベクレルは放射能の強さの単位ですよね。殺処分するな。次のTHE MOTHERS はABCD4人の母親の1ベクレルも摂取しない苦労話など。三番目のRADIO ACTIVITY には「おだがいさまセンター」なるものが出てくる。コミュニティFMかな。「ラジオやっぺ?」 次の a flower は、福島でなく気仙沼生まれですがいいですか、という問いかけで始まり、トルコキキョウが出てきます。これは福島県が名産地ですよね。 後半へ急ぎましょう。A LIFE OF A LADY は川内村生まれの「わだす」(女性)の話、福島弁が出てきます。次のa farmer は二本松市における有機農業の話で、ここでもベクレルが出てきます。新聞などでよく見かけるのはシーベルト(前出)ですが、視点が違うんでしょうね。THE LAST PLACE は復興住宅にいる96歳の老婆の話で、ここに来るまでには6回移ったと言います。ここでも少し福島弁が聞けます。最後の a dancer は、伝統的な日本舞踊の話で稽古場は福島市にあり、原発の後始末はまだ終わらないというモノローグが入ります。
 以上を要するに、ノンフィクション部門はフィクション部門に比べますと、より「脱原発社会」的でした。そして両部門を通じての印象は、さすがによく目配りのきいた適正な選考だったということだったのです。 (2021/5/12)

原発災害移住者を忘れずに

 昨年は広島・長崎の被爆七十五年に新型コロナウイルス感染症が重なりましたが、今年はコロナ第三波とオリンピックにかこつけ、政府は、福島原発被災者の難問をすり替え不問に付そうとしているように思われます。
 原発温存のため、あえて付言すれば原爆製造に備えるべく、原発事故を忘れさせようとしているのでしょうか。確実な証拠が掴めないので、いまはまだ創作の範囲でしか展開できませんが、原発の新増設を取り下げたのは福島県内の二原発3基だけで、「安全神話」が復活・再来してきました。
 そうしたところへ朗報が一つ――核兵器禁止条約が一月二十二日、批准国それぞれの現地時間午前0時に発効したのです。
 この条約は、二〇一七年七月の国連において核兵器を持たない一二二の国・地域の賛成で採択され、昨年十月までに批准した五〇ヵ国・地域での発効が決まりました。
 要旨は核兵器に関するすべての活動を禁じ、使用や保有はもとより、「使用するぞ」と威嚇するのも禁止の対象になりますから、米国の核の傘・核抑止力に頼ることも、一種の威嚇に当るはずです。ともあれ「核兵器は違法だ」という認識は広がっていくでしょう。
 前文で「ヒバクシャの受け入れ難い苦しみに留意する」と明記している点には配慮が感じられますが、批准していない国に効力が及ばないという弱点もあります。核保有国が条約に反対し、被爆国である日本が態度を保留していることは、残念でなりません。
 新聞などマスコミはしばしば「核禁止条約」という言葉を使いますが、今回発効したのはあくまでも核兵器禁止条約であり、「核兵器やその他の核爆発装置」という表現はあるものの、原子力発電や原子力発電所(以下、原発と略す)への言及はありません。東電福島第一原発事故直後から十年間、経過を追ってきた私としては、いささか不十分との感じが残るわけです。
 ましてや福島の原発事故で避難を余儀なくされた人たちの中には、原発禁止条約を願う方もおられるのではないでしょうか。
 山口県避難移住者の会の代表は、同種の想いをお持ちのようであり、反原発運動の実践とともに立派な論考も書いておられます。他日、「脱原発社会をめざす文学者の会」の会報で報告させて頂きたいと思っていますので、今回は割愛して先へ急がせて下さい。
 顧みれば終戦翌年の一月、最初の国連総会がロンドンで開かれた際、「原子力エネルギーの発見が引き起こした諸問題を扱う委員会の設置」が採択されました。
 ここで原爆・原発すべて含めた「核禁止条約」が切望されるのですが、現実は東西冷戦の時代へ突入して核軍拡競争が続き、他方では核の平和的利用と称して原発推進が起こったのです。あれから七十五年、今回の核兵器禁止条約を批准せず、不参加を決め込む日本政府に対しては憤りを覚えます。
 さりとて歩行困難な私には、プラカードを持ってデモ行進をすることは出来ませんし、それは私たちの本領でもありません。私たちは物書きです。書くことにより核の無い世界を築こうとしているのではないでしょうか。
 私自身、反原爆については本名の渡辺晋名義で、邦文や英文で体験的な論考を、筆名の天瀬裕康では小説も出版しました。原発小説も筆名で、童話も含め数編書きましたし、広島市内二つの文学グループの協力を得て、ヴェルヌ以来の原発文学目録を作成中で、かなり進みましたが果ては見えません。
 しかし旧制中学二年の時、呉市の空襲により家を焼かれ、親戚を転々として広島市郊外で被爆した自分と、原発災害移住者の姿を重ね合わせて文学的作業を急いでいます。
 多くの諸賢のご指導とご鞭撻のほど、お願いする次第でございます。