トップページ

「脱原発社会をめざす文学者の会」
文 学 大 賞
決 定

 東日本大震災から十年。日本の蒙った三度目の原子力災からも十年。この間、果敢に、言葉を信じ、文学の力で、この災厄と向き合った表現者たちがいた。私たちは、その試みを顕彰したいと思い、ささやかながら文学賞を創設した。『脱原発社会をめざす文学者の会』文学大賞である。もとより、原子力災と取り組んだすべての作品を読むことは、私たちの能力を超えている。私たちは自らが手にした作品の範囲で評価するしかなかった。しかし、選出された作品が、すぐれていることは間違いがない。

事務局長・村上政彦

フィクション部門

『献灯使』 多和田葉子 講談社 2014年
『あるいは修羅の十億年』 古川日出男 集英社 2016年
『戯曲 福島三部作』 谷賢一 而立書房 2019年

 膨大で圧倒的な被害と悲劇を目の当たりにして、沈黙を強いられた表現者も少なくなかった。しかし、少数の表現者たちは、〝原発〟のある世界の過去・現在・未来を言葉によって紡ぎ出した。多和田葉子『献灯使』、古川日出男『あるいは修羅の十億年』、谷賢一『戯曲 福島三部作』は、ここ十年間に書かれたフィクションの大きな成果である。

川村 湊

ノンフィクション部門

『孤塁 双葉郡消防士の3・11』 吉田千亜 岩波書店 2020年
『ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実 9年間の記録』片山夏子 朝日新聞出版 2020年
『福島モノローグ』 いとうせいこう 河出書房新社 2021年

 フクシマ3・11原発災の悲劇は、まだ続いている。あの日、現地では何が起こり 何があったのか? 福島の人々は何を思い、何を語るのか? 記録者たちが己れの目や耳を通し、肌で感じたすべてを言葉で語ろうとする営為に感動した。この十年間で、私たちは、これら秀逸なノンフィクションの収穫を得たことを感謝し、フクシマ原発災を決して忘れないということをあらためて認識する

森 詠

脱原発社会をめざす文学者の会
黒田杏子特選俳句作品

『永瀬十悟句集 三日月湖』 永瀬十悟 コールサック社 2018年

永瀬十悟
 来年創刊百年を迎える福島県須賀川市の俳誌「桔槹(きっこう)」同人。若くして句作の道に入り、高校生達を俳句の道に導き、「原発」と人間を句作を通して考え続けてきている。
「福島県文学賞」俳句部門の選者、「福島民報」俳壇の選者。いま福島で「反原発」をこころに活動を続けるもっとも信頼できる俳人である。
『三日月湖』は昨年度の「現代俳句協会賞」も受賞している。

1953年 福島県須賀川市に生まれる
1988年 俳句同人誌「桔槹(きっこう)」同人
2003年 「第五十六回福島県文学賞正賞」受賞
2004年 第十回桔槹賞 受賞
2011年 「ふくしま」五十句で第五十六回角川俳句賞 受賞
2013年 句集『橋朧――ふくしま記』(コールサック社)刊行
2013年 俳句同人誌「群青」創刊同人
     俳人協会会員

原発のない世界へ

「脱原発社会をめざす文学者の会」(略称・脱原発文学者の会)は、原発や核エネルギーを使用しない社会をめざす文学者の集まりです。
 脱原発文学者の会は、2011年3月11日の東日本大震災、福島第一原発災害が起こってから1年後の2012年10月、福島原発災を忘れてはならないと、文学者有志、編集者有志が声を上げて発足しました。
「辻井喬さん(故人)を囲む会」、「加賀乙彦さんを囲む会」の流れを汲む文学者有志が、脱原発文学者の会を立ち上げたものです。
 私たちがめざす「脱原発社会」とは、太陽光や風力、水力など再生可能な自然エネルギーを基にした社会であることはいうまでもありません。しかし、それだけが「脱原発社会」ではありません。
 そもそも原発と人間は共存できません。
 原発は、諸悪の根源です。
 一度でも原発が暴走するような事故が起これば、大災害になります。大量の放射能を自然界にばらまき、人間はもちろん、あらゆる生命体を危険に曝します。そうした事実は、チェルノブイリ原発災、フクシマ原発災が如実に示しています。
 たとえ事故を起こさなくても原発には害悪がつきまといます。国家や大企業は原発をカネのなる木に仕立てています。原発には、常に巨額の原発マネーがつきまとい、人々を欲望の虜にして堕落させます。地域の人々を分断し、地域の共同体を破壊します。
 原発は地域の経済を原発偏重の経済に変え、地方自治体は正常な町興しが出来なくなり、地域社会は原発依存体制に組み込まれます。
 原発は普段から大量の原発労働者を必要とします。原発労働者は高い放射能に曝されながら、危険な労働に従事させられます。累積した放射能量が一定値を越えれば、原発では働けなくなります。原発はそうした使い捨ての労働者なしには、安全に稼働させることができません。原発は、何千人もの大勢の人間にかしずかれ、常時面倒をみられなければ、安全ではありません。
 さらに、危険なのは、原発は本来核兵器開発を目的としたものであることを忘れてはならないでしょう。原発は核兵器の原料であるプルトニウムや濃縮ウランなどを産み出します。
 原発は、国際テロリストや日本を敵と見る国から、攻撃目標として狙われています。原発一基でも破壊すれば、それだけで国や社会を滅ぼすような大惨事となるからです。
 どうして、このような危険な原発を、日本はいつまでも維持しようとしているのか?
 私たち日本人は、不幸なことにヒロシマとナガサキに原爆が投下され、何十万もの人が被爆して死傷しました。いまも放射能の後遺症で大勢が苦しんでいます。私たちは核兵器のない世界を望んでいます。
 核エネルギー開発の技術は国家のトップシークレットであり、他国やテロリストに漏れるようなことがあっては、国や世界の安全が脅かされます。そのため「原発社会」は、ロベルト・ユンクが『原子力帝国』でいっている通り、国家が国民を監視するような「超管理社会」にならざるを得ません。私たちは人のプライバシーを侵害する監視社会や超管理社会に反対します。私たちは自由と平和を愛し、地球上のあらゆる生命を守る社会を望んでいます。
 原発さえなかったら、東日本大震災に伴う原発災は起こらず、まだ被害は少なかったことでしょう。福島から放射能を避けるため、人々は避難することもなかった。放射能に汚染されなかったら、人々は再び故郷に戻り、昔からの生活を取り戻すことが出来たことでしょう。
 私たちは文学者として、言葉の力、文学の力を信じ、広く世界に脱原発を訴えます。
 原発はいらない。原発ゼロの世界を創りましょう、と。

文責/森 詠

脱原発社会をめざす文学者の会の活動

2013年11月、第1回福島視察
浪江町の請戸小学校に残された黒板には、全国各地からのボランテァのメッセージが残されていた。

第1回の軽井沢緑蔭サロン。「歴史と災害について」と「災害と棄民」の二つのディスカッションが行われた。前者は軽井沢朗読館、後者は町内のライブハウスで。アルゼンチンタンゴ演奏も。2015年9月

第1回の文学サロンは会長の加賀乙彦さん。長編『雲の都』が刊行されたばかりで、その創作について語った。これから様々なゲストを招いて文学サロンが開かれることになる。2015年11月 文藝家協会会議室

第2回文学サロンのスピーカーは川村湊さんだった。アレクシエービッチ氏がノーベル賞を受賞したことで、テーマは「『チェルノブイリの祈り』とノーベル文学賞」 文藝家協会会議室 2016年2月

アメリカの原子力技術者や放射能研究者を招きシンポジウム「いのちと原子力、私たちの未来への道」を開催(共催)。右からガーゼンダーさん、一人おいてオルソンさん、リーパーさん。2016年3月4日 鎌倉生涯学習センター。

加賀会長も参加した第4回福島視察。あいにく小雨混じりで気温も上がらなかったが、精力的に飯舘村から浪江町、南相馬と回った。浪江町の請戸川下流の定点観測地点で。2016年5月10日〜15日

第2回の軽井沢緑蔭サロン、「原民喜と林京子と原爆文学」。元NHKアナウンサーで朗読家の青木裕子さん(軽井沢朗読館館長、軽井沢図書館館長も兼ねる)が林京子『祭りの場』の一節を朗読した。

パナマ帽に眼鏡、原民喜になり切って『夏の花』を読む村上政彦さん。この軽井沢の2回目のサロンでは東理夫さんのブルーグラスのライブ。この音楽を通じてアメリカの歴史や国民性までに迫った。 2016年9月3日 軽井沢朗読館

私たちの会の活動に理解を示していた林京子さんを偲んで行われた「林京子さんの文学と人を語る会』。ゆかりの編集者が多数参加した。2017年8月9日 講談社ホール

中村敦夫さんの朗読劇『線量計が鳴る』は元原発技術者の一人語りとして演じられる。コロナ禍のために現在は中断しているが公演回数は100回に及んでいる。2017年9月2日 軽井沢図書館ホール

ドリアン助川さんは自作『線量計と奥の細道』を朗読した。数ヶ月をかけて、奥の細道を自転車で巡った紀行エッセイだ。福島第一原発の事故で汚染された地域は思いの外広い。2018年11月14日 文藝家協会会議室

第8回の福島視察。郡山から国道6号線をまだ帰還困難地域を抜けて北上。双葉町の常磐線双葉駅に続く道に掲げられていた「原子力 明るい未来のエネルギー」の標語は取り外されていた。負の遺産として残したかったものの一つ。 2019年5月25日

2012年10月09日  会発足記者発表 東京市ヶ谷 私学会館
2013年11月    第1回福島視察
2014年11月    第2回福島訪問 日本社会文学界シンポジウム
2015年06月    第3回福島視察
2015年07月    岩崎雅典監督『福島 いきものの記録』上映 崎山比早子講演会 鎌倉生涯学習センター
2015年08月    鎌仲ひとみ監督『小さき声のカノン』上映 トークイベント、加賀乙彦、森詠
2015年09月    軽井沢緑蔭サロン 「アルゼンチンタンゴとトークのイベント」 災害、原発事故と棄民
2015年11月    第1回文学サロン 加賀乙彦「永遠の都」の創作について 文藝家協会会議室
2016年02年    第2回文学サロン 川村湊「チェルノブイリの祈りとノーベル文学賞」 文藝家協会会議室
2016年03月    シンポジウム「命と原子力 私たちの未来への道」実行委員会参加 A・ガーゼンダー他 鎌倉生涯学習センター
2016年03月    埼玉県上尾市シラコバト団地震災慰霊祭参加
2016年04月    第3回文学サロン 黒井千次「私の戦前・戦中・戦後』 文藝家協会会議室
2016年04年    第4回福島視察
2016年09年    軽井沢緑蔭サロン 「原爆文学 原民喜と林恭子」 東理夫「ブルーグラスから見えるアメリカ」 軽井沢朗読館
2017年03月    シラコバト団地震災慰霊祭参加
2017年04月    第5回福島視察
2017年04月    第4回文学サロン 金子兜太・黒田杏子「『生存者金子兜太』をめぐっって」 文藝家協会会議室
2017年07月    第5回文学サロン 沼野充義 「ロシア文学の現在」 文藝家協会会議室
2017年08月    林京子さん追悼「林京子さんの文学と人を語る会」 講談社ホール
2017年09月    軽井沢緑蔭サロン 中村敦夫朗読劇「線量計が鳴る」上演 軽井沢図書館ホール
2017年11月    大石芳野・志賀泉「チェルノブイリ報告」 文藝家協会会議室
2018年03年    上尾シラコバト団地慰霊祭参加
2018年03月    第6回福島視察
2018年05月    第7回福島視察
2018年05月    第6回文学サロン 天瀬裕康 「反核の医師たちと原爆文学」 文藝家協会会議室
2018年08月    「核兵器禁止条約で変わる世界 被曝先進国・日本は?」共催 鎌倉生涯学習センター
2018年11月    第7回文学サロン ドリアン助川 「自作『線量計と奥の細道』を読む」 文藝家協会会議室
2018年12月    中村敦夫朗読劇『線量計が鳴る』上演 鎌倉生涯学習センター
2019年03月    上尾シラコバト団地震災慰霊祭参加
2019年04月    第8回文学サロン 青山南 「アメリカの現代文学』 文藝家協会会議室
2019年05月    第8回福島訪問
2019年07月    第9回文学サロン 豊田直己 「フクシマの7年間〜尊厳の記録と記憶」 文藝家協会会議室
2019年11月    第10 回文学サロン 菅孝行 「三島由紀夫と天皇制」 文藝家協会会議室
2020年03月    上尾シラコバト団地震災祭慰霊祭 コロナ禍のため不参加
2020年12月    第1回リモート常任幹事会
2021年03月    震災、原発事故から10年目の3・11に「文学大賞」6作品を発表

無断での転載、使用を禁止します。このサイトの文章、写真にはすべて著作権があります。